モテる体型を実現するための超簡単トレーニング

モテる体型を目指して腕立て伏せや腹筋運動を実践している人は多いはず。しかし、それだけでは実現は不可能。モテる体型に欠かせない筋肉が「インナーマッスル」です。じつは、体の内側にある筋肉を鍛えることがモテる体型の第一歩。モテる体型を実現するための超簡単トレーニングを紹介しましょう。

モテる体型を実現するための超簡単トレーニング

モテる体型にインナーマッスル強化

筋トレをすると、まず脂肪が落ちてから筋肉が付く…というのが一般常識。その考え方から行けば、腕立て伏せや腹筋運動をすればお腹まわりの脂肪が燃焼していずれモテる体型になっていくと考えてしまうのは無理もないでしょう。

しかし、腕立て伏せや腹筋運動だけではモテる体型は手に入りません。ウエストがゆるんでいる理由は内臓脂肪と内臓下垂にあります。モテる腹筋にならないのは、表面的な脂肪が原因ではないのです。元凶はお腹の内側にあります。

具体的にいえば、お腹の内側に付いている内臓脂肪とインナーマッスルの筋力低下による内臓下垂がその理由。だからこそ、モテる体型にはインナーマッスル強化を忘れてはいけないのです。

モテる体型は脂肪と下垂を修正する

内臓脂肪は体脂肪の一種。体脂肪には、皮膚の下にある皮下脂肪と、腹腔内の内臓まわり付いている内臓脂肪の2種類があります。まずは内臓脂肪を落とさなければモテる体型にはなりません。

一方の内臓下垂は、内臓を正しい位置に保持しているインナーマッスルが加齢で弱っておこる現象です。お腹の中心に収まるべき胃や腸が、筋力低下で骨盤のところまで落ちてしまっています。

すなわち、内臓脂肪に加えて内臓下垂を修正しない限り、モテる体型は手に入りません。そのために必須となるのがインナーマッスル強化というわけです。そこで、モテる体型を実現するための超簡単トレーニングを紹介しましょう。

モテる体型を実現するトレーニング

モテる体型を実現するトレーニングは、大きく深呼吸を何回か繰り返したのち、まず息を吐きながらお腹を思い切りへこませます。そして、お腹をへこませた状態を息は止めずに30秒間キープするのです。

ポイントは、お腹をへこませたまま呼吸するとき、息を吐くときにさらにお腹をへこませるようにすること。このとき、肛門を締めるイメージでお尻にも力を入れるとさらに効果的です。

これをふだんの生活のすきま時間に行います。オフィスならコピーの待ち時間やコーヒーの抽出時間などを有効利用。家ならテレビを見ながらで構いません。ふとしたすきま時間をモテる体型トレーニングに当てるのです。

モテる体型トレーニングは1日2分

モテる体型トレーニングはただお腹をへこませるのではなく、気の集まる場所とされている「丹田」を意識すると、さらに効果が高まります。へその5cm下にある丹田に向かって腹圧をかけるようにするとよいでしょう。

とはいえ、いきなりへこませたお腹をキープするのは難易度が高いのも事実。そんなときは、壁に背中をつけてお腹をへこませると正しい姿勢をキープできます。お腹をへこませながら壁をひじで押すことで背筋も鍛えられて一石二鳥です。

モテる体型トレーニングは、30秒のお腹へこませを朝に2回、夜に2回行えばOK。ちょっとしたすきま時間を使う1日2分だけの超簡単トレーニングです。さらに、通勤中やエレベーターの待ち時間にドローインするクセをつければ、モテる体型が手に入るスピードがアップします。