プロポーズ準備前に友人に相手を紹介すべき理由

プロポーズ準備前に、必ずやっておくべきことが友人や先輩に相手を紹介することです。いざ結婚となると、恋愛とはまた違った視点で相手を見直す必要があります。恋愛は主観的で短期的ですが、結婚は客観的で長期的。プロポーズの前に、友人や先輩に客観的にかつ長期的な視点で相手を判断してもらいましょう。

プロポーズ準備前に友人に相手を紹介すべき理由

一生を一緒にすごすプロポーズの相手

私たちはほとんどの場合、本人が知らず知らずのうちに、好みの異性の外見的パターンを持っているもの。好きな顔のタイプや髪型、魅力を感じるスタイル、洋服の趣味など、人によってさまざまでしょう。

このため、好きなパターンにごく近い人が目の前に現れたとき、なんとなく気になってしまうもの。そして、次第に好きになってしまうことがあります。しかし、その人が自分にとって一生を一緒にすごすプロポーズの相手になるとは限りません。

恋愛は「短期的・主観的」ですが、結婚は「長期的・客観的」であるべきだからです。恋愛は短期的ですが、結婚は命が続く限りと長期的。引き算をするまでもなく、人生のほとんどは結婚後になります。

プロポーズ後に相手の短所が目につく

一般的にいって恋愛には、若さあふれる激情が含まれています。ただし、若さあふれる激情は、エネルギーが集中する代りに長続きしません。その好例が「あばたもえくぼ」ということわざでしょう。

意味としては「愛する人に対しては欠点さえも長所に見える」ということになります。人間には誰にも、長所もあれば短所もあるもの。恋愛をしていると、短所すらも長所に見えてしまうのです。

しかし、結婚は長期的なものです。プロポーズ後に相手の短所が目につくようになったとき、それまでの思いがいっぺんに醒めて、最悪の場合は離婚となることがよくあります。ここが恋愛は主観的で、結婚は客観的であるべきという理由です。

プロポーズを準備する前に冷静になる

主観的にどんなにすばらしくても、客観的には必ずしもそうとはいえず、二人の結婚生活にとってはむしろ障害となってしまうことがらもあるということ。長所と短所を見分ける客観的な視点が必要なのです。

実際、男女の相性のよしあしは渦中にいる本人にはわかりにくいもの。友人などからの客観的なアバイスに対して、素直に耳をかたむける気持を持つことが大切です。そして、それらを総合したその上で何よりも大切なことは本人の気持ちになります。

相手にプロポーズの準備をするその前に、できるだけ冷静になりましょう。そして、相手に対する気持ちというよりも、結婚に対する気持ちを確かめておくことがとても重要です。

プロポーズに至っても長続きしない

その意味で、自分と相手の相性について、傍で見ている友人などに改めてアドバイスをしてもらうことは、幸福な結婚のためには大切。傍で見ている友人や先輩は、あなたの性格をよく知り、あなたに対するイメージも持っています。

このため、あなたとの相性を客観的にも直感的にも判断してくれる場合が多いものです。その意味で、相手の人を友人や先輩に紹介するようにしましょう。その友人や先輩の中に既婚者がいるのが理想的。年齢は近いほうがよいでしょう。

既婚者は文字通りにすでに結婚していて結婚生活経験者ですから、その立場からのアドバイスは大変に貴重です。また、年齢が離れていると話題が違ったり、打ち解けるのに時間がかかります。年齢が近いほうが共通の話題で会話がはずみ、自然な姿を知ることができるからです。

逆に、あなたが相手の友人や先輩に紹介された場合も、あくまで自然体でいるように心がけましょう。背伸びした状態を元にプロポーズに至っても、決して長くは続きません。結果的に、2人のためにもならないわけです。