プロポーズのタイミングは「相手の心のリズム」

結婚を決意したら、次はプロポーズです。自分の意思を相手に伝えるからには、承諾を得たいもの。ただし、プロポーズはタイミングも大切になります。結婚したいという意志さえあれば、結婚したい意思を伝えるのはいつでもよいわけではありません。プロポーズのタイミングについて見ていきましょう。

プロポーズのタイミングは「相手の心のリズム」

プロポーズのタイミングを考える

プロポーズのタイミングとは、相手が素直に気持を受けとめることができる状態にあること。それがどんなときかを見極めなければなりません。プロポーズのタイミングを計るには、相手の人の性格をよく知っておくことも大切です。

プロポーズのタイミングを考えるにあたっては「朝のあわただしいとき/夕方あるいは夜の落ち着いた気分のときか」「うれしいとき/悲しいとき」「相手の家庭内に波風が立っているとき/平穏なとき」などが参考になります。「卒業式前/後」「給料日前/後」「食事の前/後」なども考えるとよいでしょう。

プロポーズのタイミングで大切なのは「相手の心のリズム」にどうすればのれるか。プロポーズは自分を売り込むことではなく、相手に自分を受け入れてもらうことだからです。

プロポーズのタイミングで大切なこと

プロポーズの内容については、あれこれ余計なことは考えないほうが得策。プロポーズは技術ではありません。あくまでも自分の気持を素直に相手に伝えることがもっとも大切です。

一世一代のプロポーズですから、すぐさま相手に返答を聞きたくなるのが人情というもの。しかし、返答を迫るといった性急な気持にならないように注意しなければなりません。

自分が気持ちを素直に打ち明けているのだから、相手も同じように気持ちを打ち明けてほしいという気持ちになるのもわかります。そんなときにこそ、もう一度プロポーズのタイミングで大切なことを思い出すとよいでしょう。

プロポーズの返答は相手のタイミング

すなわち「相手の心のリズム」です。プロポーズの返答は急かすことなく、相手のタイミングをしっかり待つようにしましょう。

プロポーズをされたときは、それがどんなに期待していた言葉であっても、一応は即答を避けるのが原則です。結婚生活は、非常に長期にわたるものです。自分の両親やきょうだいのことも考える必要があります。

もちろん、結婚するのはあなたですから、最終的な判断はあなた自身がするにしても、その前に周囲のことに大いに思いをめぐらせなければなりません。そのためにも、プロポーズは即答は避けて「2~3日お時間をください」と返事をします。

プロポーズを報告するタイミング

プロポーズを両親や親代りとなってくれている人に報告するタイミングは、早いに越したことはありません。すぐに報告して相手とのことをきちんとした形で認めてもらいましょう。

というのも、もし他人からプロポーズのことが耳に入れば、両親は決していい気持はしないはず。その思いは本来であれば関係のない、当のプロポーズしてくれた相手に対して向けられる可能性も大いにあります。

せっかくのプロポーズが台無しになりかねません。また、報告もしないで既成事実を積み重ねていくのは、その後の結婚生活のことを考えてもマイナス。何ごとも最初が肝心であることを肝に銘じておきましょう。