プロポーズ場所なら完全クローズドな「クルマ」

プロポーズの場所として、よく使われるのが「クルマ」です。クルマは好きな場所に移動できるだけでなく、完全クローズドな空間にもなります。しかも、コスト面でも非常にリーズナブル。実際にプロポーズがうまくいったとは、指輪に結婚式、新居などお金がかかります。クルマのプロポーズはローコストなのです。

プロポーズ場所なら完全クローズドな「クルマ」

プロポーズで大泣きされても大丈夫

クルマというとプロポーズ場所への移動手段ともいえますが、その手段そのものがプロポーズの場所にもなりえます。まずは、何といってもふたりだけの完全クローズド空間なのでその機密性は抜群です。

お気に入りの曲を仕込んで、気持ちよくドライブしながら目的地へと向かいます。ロケーションも自由に選択できますし、状況に応じて作戦を自由に変更できるのも、クルマプロポーズの長所です。

しかも、プロポーズを断られようとも大泣きされようとも大丈夫。すぐ人目につかないところに移動できます。ただし、ドアを開けて出て行ってしまうと困りもの。あまり人気がない場所だと行方不明になりかねません。

プロポーズ時の雑音シャットアウト

クルマさえ持っていれば意外にお金がかからず、プロポーズ時の周囲の雑音をシャットアウトできるうえ、結果がどちらに転ぼうとも対処しやすいと、イイことだらけのクルマプロポーズ。しかし、劇場感に欠けるというデメリットがあります。

じつは、多くの女性が幸せなことは祝福されたいという願望を持っているもの。たとえば、レストランでプロポーズをOKしていることに気づいたほかのテーブルのお客さんが、拍手で祝福してくれるなんていう状況を夢見ていることもあります。

ところが、クルマだと居合わせているのは2人だけ。周囲から祝福してもらうわけにはいきません。孤立感を感じてしまう女性もいるでしょう。プロポーズで重要なのは「相手の心のリズム」。不向きなケースもあることは忘れないでください。

プロポーズの場所として安っぽさ

クルマそのものに問題があるケースもあります。イケてるクルマなら絵になりますが、そうでなければプロポーズの場所として逆効果の場合もあるのです。ローコストであるがゆえに、クルマに難がある場合は安っぽさが前面に出てしまう可能性があることにも留意します。

プロポーズの場所は、2人の思い出のアルバムの1ページ目になるもの。少しでもクルマに不安がある人は一度、自分のクルマを第三者的視点でイケてるかどうか確認しましょう。

微妙な場合は、単なる移動手段としてクルマを活用して、プロポーズの場所としては別のシチュエーションを用意したほうが賢明なこともあります。

プロポーズの場所の具体的な事例

プロポーズの場所としてクルマを使うときの具体的な事例を見ていきましょう。まずはオープンカーの場合、屋根は全開が基本。フルオープンが最高に気持ちよく感じる、場所・季節・時間に、走りながらちょっと大きめの声でプロポーズします。

ポイントは、滑舌よく大きな声でプロポーズすること。何度も同じセリフをいわなければならないように気を付けてください。

スポーツタイプのクルマの場合、峠を少し攻めたあとのプロポーズは成功率が上がる可能性があります。いわゆるつり橋効果で好感度がアップしているはずです。

人気のミニバンの場合、それこそ富士山5合目に行ってイスをフルフラットにして、ガラスループ越しに夜空を見上げながらプロポーズというのも手。クルマが違えば、プロポーズの演出もいろいろ変わるわけです。