プロポーズ場所の定番スポットが「レストラン」

レストランをプロポーズ場所に選ぶのはまさに王道。日本はいたるところに素敵なレストランが存在しています。そのテーブルでは、今日も多くのカップルがプロポーズをしているはず。プロポーズの場所としてのレストランの利点は、何といっても気分が出しやすいことでしょう。

プロポーズ場所の定番スポットが「レストラン」

プロポーズ場所にレストランは定番

プロポーズの場所としてレストランは定番でしょう。最大のメリットは、何といってもロマンティックなこと。祝福のシャンパンは仕込み放題。指輪をどこかに潜ませたり、特別な料理やデザートをオーダーしたりもできます。

フラッシュモブ的に、店のスタッフ巻き込むことだって可能。すなわち、レストランでのプロポーズは、作戦次第でロマンティックなだけでなく、ドラマティックな演出も可能ということです。

プロポーズで重要なのは「相手の心のリズム」になります。プロポーズでは相手の気分をのせて、ウットリしてもらうことがもっとも大切なことです。腹をくくって、せっかくプロポーズをするわけですから思い切りウットリさせましょう。

プロポーズのアシストが入る場所

むしろ相手がどう思うかよりも、自分が超ウットリモードでプロポーズできる場所として完結するのもよいかもしれません。変なテレや遠慮が入ってくると、せっかくの演出が水の泡。やりきることが大切です。

しかも、レストランのプロポーズは食事をしながらであるため、面と向かってプロポーズするのが恥ずかしい人でも、お酒の力を借りられるというメリットもあります。振り切った演出のプロポーズも見事にやりきれるはずです。

このように、もっとも多くのアシストが入ってくる場所が、レストランでのプロポーズ。プロポーズ後のダメ押しとして、お店にいる人たちからの祝福を受けることができます。一生忘れられない心に残るプロポーズになるはずです。

プロポーズの場所としてデメリット

もっともポピュラーなプロポーズの場所であるレストランに、あまりデメリットはありません。1人数万円のコースであれ、シャンパンが1本5万円になろうとも、プロポーズとなれば金に糸目をつける必要はりません。

いつもの誕生日やクリスマスではビックリするお値段でも、一世一代のプロポーズともなれば予算感が変わってくるでしょう。なんといっても、その後の2人の思い出の1ページ目になるのですから、ゴージャスに行きたいところです。

レストランの唯一のデメリットといえば、プロポーズしていることが周囲にダダ漏れすることでしょう。段取りよく指輪を用意している場合、公衆の面前でパカッとケースを開けなければなりません。

とはいえ、考えようによってはレストランのスタッフ含めて、店中が成功を願ってくれているということ。プロポーズの成功率が上がる可能性もあるかもしれません。

プロポーズの場所の具体的な事例

プロポーズの場所としてのレストランを利用するときの具体的な事例を見ていきましょう。まずは風が気持ちいいテラスレストラン。遅めのランチで、白ワインを飲みながらプロポーズがよいかもしれません。昼間のアルコールは回りやすいので、あっさりとOKがもらる可能性が大です。

人気シェフのレストランの場合、なかなか行ける機会もないうえに、基本的には高額ですから、事前にいろいろリクエストしてしまいましょう。ただし、早い時間に行き過ぎると、まわりでプロの方々がクイックなコースを食べていたりするもの。夜8時以降の遅めに予約がおすすめです。

なお、場所選びで忘れてならないのが、つぶれそうにないレストランであること。大切な思い出の場所がマンションに変わっていた…ではせっかくの思い出が色あせてしまいます。六本木キャンティのように、数十年の歴史がある老舗レストランを選べば間違いないでしょう。