プロポーズの場所「ホテル」を選ぶべき理由とは

日夜さまざまな営みが繰り広げられているのがホテルです。なかでもプロポーズは、そんな営みのなかでもっとも美しいひとときといえます。特別なホテルでの特別なひとときは、シックなインテリアから窓からの眺めまでも、すべてがプロポーズを応援してくれるはず。プロポーズの場所としてのメリットを見ていきます。

プロポーズの場所「ホテル」を選ぶべき理由とは

プロポーズの場所としてのメリット

ホテルをプロポーズの場所として選ぶメリットといえば、完成された空間を一晩借りられることがあります。とはいえ、ふだんからデートなどでよくホテルを利用しているならともかく、そうでない人には少しハードルが高いかもしれません。

それに加えて、ラグジュアリーなホテルはそれなりに宿泊代もかかるもの。使い慣れていない人にとっては、ちょっと高すぎると感じることでしょう。しかし、そんなときはこう考えるのが正解です。

たとえ宿泊代が10万円かかったとしても、東京中を見下ろす一等地で計算し尽くされたインテリアの空間を楽しめることを考えたら安いはず。せっかくのプロポーズですから、抜群の雰囲気で相手の気持ちも高鳴るというものです。

プロポーズした場所で結婚式が理想

どうせならイケてるホテルの広めの部屋をオーダーして、思いっ切りゴージャスにプロポーズしましょう。何よりもホテルは誰にも邪魔されない空間です。そして、シャンパンでも花束でも、必要なモノはすべて電話1本で手に入るという状況を楽しみましょう。

パターンとしては、プロポーズした場所で数か月後に結婚式を挙げるのが理想的。たとえホテルウェディングが予算オーバーとなったとしても、せめてプロポーズぐらいは極上のホテルを選ぶのもアリでしょう。

一方、プロポーズの場所としてのデメリットといえば、成功しなかったときに後始末に困ることでしょう。その場でプロポーズの返答がもらえない場合もありますし、何となく違うなという空気が流れることもあります。

プロポーズの場所選びはポジティブ

しかし、プロポーズする場所を選ぶときには失敗したケースを想定したネガティブ・シンキングは捨てておくのが正解。そうでなければ、何の身動きも取れなくなってしまいます。

ホテルの予約もできなければ、指輪を買うこともできませんし、ましてやホテルに誘うことも無理でしょう。一世一代の晴れ舞台となるのですから、ポジティブ・シンキングで挑むのがプロポーズの場所選びの基本です。

さっそく、プロポーズの場所としてホテルを選ぶときの具体的な事例を見ていきましょう。まずは超高級高層ホテルです。たとえば「ザ・リッツ・カールトン東京」は、プロポーズをするために全国からカップルが集まる定番スポットです。

プロポーズの場所に古都のホテル

この上ないビューが広がる角部屋から、東京タワーを見下ろすようなシチュエーションでプロポーズすれば、最高の時間が心に残るでしょう。2人の大切な思い出の1ページ目としてふさわしい光景が目に浮かぶはずです。

クラシックホテルをプロポーズの場所として選ぶ手もあります。例えば、名だたる文豪に愛され、そして現在でもファンが多い「山の上ホテル」です。テラスのある部屋、アールデコの尖塔部分にある専用階段で上がる部屋。いずれの部屋も穏やかに2人の気持ちを見守ってくれることでしょう。

古都のホテルもプロポーズの場所としてアリ。実際、最近では京都でプロポーズするケースが増えています。例えば「ハイアットリージェンシー京都」。外人客が多い異国情緒と和モダンが、旅の気分を高めてくれます。