女性で肩幅が気になる人は腕を交差してクネる

仕草をちょっとだけ変えるだけで、女性の誰しもが持っている「コンプレックス」をカバーしてしまう仕草を紹介しましょう。ここでは女性で「肩幅が気になる人」にオススメの動作。女性で肩幅が気になる人は腕を交差してクネるとよいのです。『ホンマでっか!?TV』で紹介されていました。

女性で肩幅が気になる人は腕を交差してクネる

女性で肩幅が気になる人は腕を交差

女性で「肩幅が気になる人は腕を交差してクネッてごまかす」という仕草がよいようです。女性には、肩幅が細くて華奢でかわいらしく見られたいと思う人が多いはず。そんな方々におすすめの「ごまかし仕草」です。

通常、男性と向き合って会話をするときなど、相手に向かって正面に立って話をしてしまうもの。これだと、男性から見ると肩幅がそのまま「ドテーッ」と見えてしまいます。

また、女性側も肩幅が気になって、体格を隠すために猫背になるなど姿勢が悪くなりがちです。肩幅を気にするあまり「姿勢が悪い」「自信がなさそう」という、別のマイナスポイントを作ってしまっています。

交差すると女性の肩幅が細く見える

そんなときは、いっそのことかわいらしく見える仕草をしてしまいましょう。まずは、体の前で腕を交差させて組みます。けっして腕を組むのではありません。これだけで、女性の肩幅が細く見えるのです。

ここで注意しておくべきは「腕を組む」と逆に肩幅が強調されてしまうということ。腕を交差させずにハンパに腕を組んでしまうと、逆効果となってしまいます。

そしてもう1つ、幅が細く見える体の側面だけを見せるようにします。すなわち、体を左右にクネらせるのです。正面を見せると幅が広く見えますから、瞬時に左右に切り替えるようにしなければなりません。あまりクネらせても違和感がありますから、会話の流れとタイミングを合わせるなど、スムーズな動きが要求されます。