LINEで年齢認証しないと使えない機能と解除法

LINEの年齢認証とは、18歳未満のユーザーがトラブルに巻き込まれないようにするための一部機能の制限を解除するための手続きのこと。いまやLINEは子どもからお年寄りまで多くのユーザーを利用しているサービスです。LINEで年齢認証をしないと使えない機能と、その解除の方法についてみていきましょう。

LINEで年齢認証しないと使えない機能と解除法

LINEの年齢認証で機能制限を解除

18歳未満のユーザーに対して「お金をあげるから直接会うためにLINEのIDを教えて」と、ウェブ上の掲示板やSNSで誘いをかけて事件がおこりました。そこでLINEでは、18歳未満のユーザーに年齢制限がかけられるようになったのです。

そして、このLINEの機能制限を解除するための手続きが年齢認証というわけ。年齢認証をしないと利用できないLINEの機能は「電話番号検索」「ID検索」「IDによる友だち追加」の3つです。

「電話番号検索」は、電話番号で友だちを検索する機能。「ID検索」は、IDで友だちを検索する機能のことになります。「IDによる友だち追加」は、ほかのユーザーが自分のIDを検索して友だちに追加する機能です。

LINEの年齢認証は年齢判定サービス

年齢認証をしないと、これらの機能がオフになっています。これによって、面識のない相手と「友だち」にならないようにして、18歳未満のユーザーを保護しようとしているわけです。

LINEの年齢認証は、18歳以上のユーザーであればNTTドコモ、au、ソフトバンクが提供している「年齢判定サービス」と照合して行うことが可能です。年齢認証を行えば、制限を解除してLINEを利用することができます。

実際に、LINEの年齢認証を行うのはLINEの設定画面。友だち画面で左上の歯車アイコンをタップして、設定メニューを開きます。その中の「年齢確認」をタップ。「年齢確認結果」をタップします。

LINEの年齢認証の前に利用者情報

すると、年齢確認を行うかどうかを確認されるので、そのまま次の画面へ進んでください。すると、利用しているキャリアの会員ページに遷移するので、あとはIDやパスワードを入力して年齢確認を行うのです。

キャリアでの契約情報を元にした年齢確認をLINEに知らせてよいかといった許諾が出てくるので、そのままOKを押していけばよいでしょう。なお、LINEの登録時に年齢認証が済んでいる場合は、この年齢確認の項目自体が存在しない場合があります。

また、NTTドコモの場合はLINEの年齢認証の前に利用者情報を登録する必要があります。「ドコモオンライン手続き」や電話、ドコモショップで簡単に済ませることが可能。「お客様サポート」内にある「ご利用者情報の登録」から確認します。