LINEを未読でメッセージ確認するときの注意点

LINEは相手がメッセージが未読なのか既読なのかがわかることが大きな特徴です。「既読スルー」という言葉もあるとおり、メッセージを読んだのに返信しないのは気が引けるもの。できればLINEは未読でメッセージ確認したいところでしょう。LINEを未読でメッセージ確認するときの注意点を見ていきます。

LINEを未読でメッセージ確認するときの注意点

LINEを未読でメッセージ確認できる

LINEはメッセージを確認した瞬間、相手に既読の通知が届く仕組みです。しかし、端末を「機内モード」にしてメッセージを読めば、未読のまま内容を確認できます。ただし、この方法には落とし穴があるので注意が必要です。

iPhoneにもAndroidにもある機内モードは、飛行機内で電波を発信しない状態でスマホ端末を利用するためのモード。電話回線の電波を発信しないだけでなく、Wi-Fiなどの電波も発信しなくなります。

すなわち、スマホが機内モードならLINEアプリが既読の情報を送ろうとしても、電波を発信しないため通知されないというわけ。これが機内モードなら、LINEを未読でメッセージ確認できる理由です。

LINEを未読のままにする完全終了

ただし、LINEアプリが起動中に機内モードを解除してしまうと、その瞬間からスマホ端末はデータ通信を再開します。とくに注意すべきは、ホームボタンを押したりしてLINEを閉じているとき。バックグランドでLINEが起動していると、機内モードを解除した瞬間に通知が届いてしまうのです。

とはいえ、機内モードではメールや電話もかかってこない状態。未読のままにするために、いつまでも機内モードにしておくわけにはいきません。

正しい対処法は、LINEアプリを完全に終了させてから機内モードを解除します。これなら、LINEを次に立ち上げるときまで既読の通知は届きません。LINEを未読のままにするには、LINEアプリを完全終了させることを忘れてはいけません。

機内モードを解除してもLINEは未読

iPhoneならホームボタンを二度押しして、起動しているアプリ一覧を表示。LINEのプレビュー画面を上にスライドさせれば終了させることができます。Androidなら、画面右下にあるメニューアイコンをタップするとアプリ一覧が表示。右上の「×」ボタンで終了させられるでしょう。

なお、iPhoneXの場合はアプリの強制終了のやり方が少し異なっています。まずアプリ一覧を表示するには画面下から上にスワイプ。すると、バックグランドで起動しているアプリが一覧表示されます。

ここで、完全終了させたいLINEのプレビュー画面を長押しするのです。すると、左上にマイナスのアイコンが出てくるので、これをタップすると完全終了します。このあと機内モードを解除しても、LINEは未読のままになるというわけです。

LINEを未読のまま確認できるアプリ

このほかのLINEを未読のままメッセージを読む方法を紹介しましょう。LINEを未読のまま読むには「通知」を利用すると簡単です。LINEの通知は、LINEの設定画面にある「通知」から設定できます。

「メッセージ通知の内容表示」をオンにしておけば、iPhoneのロック画面や通知センターにメッセージのプレビューが表示。未読のままメッセージの内容が確認できます。通知センターならいつでも読み返せるでしょう。

ただし、AndroidではLINEの通知が一覧表示されないので、iPhoneほど未読のままのメッセージ確認が簡単ではありません。そこでLINEを未読のまま確認できるアプリの「ちらみ」を導入するとよいでしょう。

このほかiPhoneなら、LINEのトーク画面で特定のトークルームを軽く押し込むと、そのトークルームの中身が表示されます。この方法でも、未読のままメッセージの内容を確認することができるのです。