プロポーズ

パートナー

プロポーズ準備前に友人に相手を紹介すべき理由

プロポーズ準備前に、必ずやっておくべきことが友人や先輩に相手を紹介することです。いざ結婚となると、恋愛とはまた違った視点で相手を見直す必要があります。恋愛は主観的で短期的ですが、結婚は客観的で長期的。プロポーズの前に、友人や先輩に客観的にかつ長期的な視点で相手を判断してもらいましょう。
パートナー

プロポーズ準備前に対比項目で相手を理解する

プロポーズの準備に入る前に、対比項目で相手を深く理解しておくことは大切です。プロポーズ後の結婚生活には、人生の谷間のようなタイミングもあります。そのときに相手の長所も短所も知っていなければ、困難もうまく乗り越えられません。プロポーズ準備前に相手と自分を対比項目で比べてみるとよいでしょう。
パートナー

プロポーズのタイミングは「相手の心のリズム」

結婚を決意したら、次はプロポーズです。自分の意思を相手に伝えるからには、承諾を得たいもの。ただし、プロポーズはタイミングも大切になります。結婚したいという意志さえあれば、結婚したい意思を伝えるのはいつでもよいわけではありません。プロポーズのタイミングについて見ていきましょう。
パートナー

プロポーズのあと家族へ紹介するタイミングは?

プロポーズのあと、お互いの家族へ紹介するタイミングはいつが正解でしょう? 結婚は、最終的には本人の意思によって決められるものですが、よりスムーズな結婚生活を営むためには、両親や家族の賛成や理解を得ておく必要があります。プロポーズのあと家族へ紹介するタイミングについて見ていきます。
パートナー

プロポーズで両親の承諾は双方で同じ時期にする

プロポーズは相手の承諾を得るのが1つのヤマ。そして、もう1つのヤマとなるのが双方の両親の理解を得ることです。すなわち、プロポーズは相手だけでなく、先方の両親、ひいては自分の両親に対しても承諾を得なければならないということ。プロポーズで両親の承諾を得る時期について見ていきましょう。
パートナー

プロポーズの場所はアルバムの1ページ目になる

プロポーズの場所選びはロケーションだけではなく、それに伴う状況が問われるもの。そこで、服装選びなどでよく使われる「TPO(ティーピーオー)」で考えるとよいでしょう。TPOとはTime(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)の頭文字。「時と場所、場合に応じた使い分け」を意味します。
パートナー

プロポーズの場所に「海」が選ばれる理由とは?

プロポーズの場所として、代表的なのが「海」です。海の雄大な眺めがリラックス効果となって、プロポーズの高感度も大幅にアップ。プロポーズの成功率もおのずと上がるというわけです。そして、なんといっても海はプロポーズの時間を選ばないことが最大のメリットなのでした。
パートナー

プロポーズ場所なら完全クローズドな「クルマ」

プロポーズの場所として、よく使われるのが「クルマ」です。クルマは好きな場所に移動できるだけでなく、完全クローズドな空間にもなります。しかも、コスト面でも非常にリーズナブル。実際にプロポーズがうまくいったとは、指輪に結婚式、新居などお金がかかります。クルマのプロポーズはローコストなのです。
パートナー

プロポーズ場所の定番スポットが「レストラン」

レストランをプロポーズ場所に選ぶのはまさに王道。日本はいたるところに素敵なレストランが存在しています。そのテーブルでは、今日も多くのカップルがプロポーズをしているはず。プロポーズの場所としてのレストランの利点は、何といっても気分が出しやすいことでしょう。
パートナー

プロポーズの場所「ホテル」を選ぶべき理由とは

日夜さまざまな営みが繰り広げられているのがホテルです。なかでもプロポーズは、そんな営みのなかでもっとも美しいひとときといえます。特別なホテルでの特別なひとときは、シックなインテリアから窓からの眺めまでも、すべてがプロポーズを応援してくれるはず。プロポーズの場所としてのメリットを見ていきます。